口の後遺障害について

口の後遺障害について説明します。口の後遺障害の症状の主なものとしては「歯が折れたりかけたりしてしまう」「うまく話せなくなってしまう」「物が食べられなくなってしまう」「味がわからなくなってしまう」等が挙げられます

咀嚼咀嚼・言語機能障害の等級認定についてですが、一番重いもので1級2号にあたる、「咀嚼と言語の両方の機能を廃したもの」、一番軽いもので10級3号にあたる「咀嚼または言語のいずれかの機能に障害を残すもの」となり、症状と程度に応じて6等級に分かれます。歯牙の障害については一番重いもので10級4号に当たる「14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの」一番軽いもので14級2号にあたる「 3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの」となり、症状と程度に応じて5等級に分かれます。その他には嚥下障害や味覚の逸失、減退や、気管力ニューレの抜去困難症となった場合も口の後遺障害として等級認定を受けることができます。

歯牙の障害の場合、認定を受けるためには失った歯が3本以上でなければならない点、親知らずや乳歯は対象とならない点に注意が必要です。また、嚥下障害や味覚の脱失・減退は、頭部外傷に寄るケースもありますので、脳神経外科等の診断が必要となる場合もあります。


**関連記事**