交通事故の後遺障害の種類

交通事故に寄る後遺症と聞くと、皆さんはどのようなものを思い浮かべるでしょうか。むちうちや腰痛など、慢性的な痛みや、身体の欠損などは想像しやすいかと思います。このような後遺症を負ってしまった場合、治療費などの他に損害賠償を請求することが可能です。しかしながら、どのような後遺症でも請求できるわけではありません。自賠責に後遺障害として等級認定されてはじめて、その等級に応じた損害賠償を請求できるのです

弁護士その等級は非常に細分化されており、主に後遺障害の残った部位と、症状の程度に応じて1級から14級まで分かれています。1級が一番重く、例えば全身麻痺や、両目の失明などがこれに当たります。交通事故に巻き込まれてこれまでどおりの生活や労働ができなくなってしまった場合に、どうしてもお金は必要になりますので、損害賠償を請求するのは当然の権利です。しかしながら、後遺障害について詳しく知らなかった、もしくは担当の医師が後遺障害の診断に詳しくなかったため適正な診断書を書いてもらえなかったというような理由から、適正な金額を請求できないというケースが多くあります。もしも後遺障害が残ってしまった場合、まずは弁護士等の後遺障害に詳しい専門家に相談するようにしましょう。

推奨LINK→→後遺障害弁護士へ相談する


**関連記事**